眼瞼痙攣

眼瞼痙攣とは?

「眼瞼痙攣」は目の周りの筋肉が収縮し、眼が開きにくくなる病気です。片側のこともあれば、両側のこともあります。中年以上の女性に多いです。

眼瞼痙攣の症状

初期には、まぶしい、目をつぶっていた方が楽、目の乾き、目がショボショボするなど、ドライアイに似た症状がみられます。更に進行すると、自分の意志で目を開けようとしても、目を開けられなくなり、手を使って開けなければならないようなこともあります。

眼瞼痙攣の治療法

1.ボツリヌス療法

眼瞼痙攣は目のまわりの筋肉が、本人の意思にかかわらず、収縮してしまう状態です。このボツリヌス療法は、しわのばしなどで使用されるボツリヌス注射(製品名 ボトックス)を目のまわりの筋肉に注射し、眼をつぶってしまう動きを抑えます。しわ伸ばしと違って、眼瞼痙攣に対する治療は保険適応です。効果は3か月ほど持続します。その後、症状が再燃した場合には再度治療を行います。

2.クラッチメガネ

まぶしさを抑える「遮光眼鏡」や眼がとじないように瞼を軽く支えてあげる「クラッチめがね(メガネ枠にワイヤがついており、まぶたを支えます)」のような対処方法もあります。

3.内服薬による治療

眼瞼痙攣、片側顔面痙攣のいずれにも、筋弛緩薬、抗てんかん薬、抗不安薬などの内服薬を使うことがあります。

コンタクトレンズ外来

診療時間

診療時間表

【午前】10:00~13:00
【午後】15:00~19:00
 15:00~17:00
休診日…水曜、日曜、祝日

お問い合わせ
  • TEL 03-5937-2157
  • FAX 03-5937-2158
アクセス
〒164-0003
東京都中野区東中野3-8-13
MSR東中野ビル4F
中央・総武線/大江戸線
「東中野駅」西口より徒歩1分

▲ページトップへ